ソフト闇金 利息

ソフト闇金の利息はどのくらいなのか? 従来の闇金と比較

従来の闇金業者は、とんでもなく高い利息を設定して利用者に貸し付けて、返済に応じない場合は苛烈な取り立てを行うのが特徴でした。しかし、時代とともに闇金業者も手口を変えていっており、現在ではこのような方法で営業する闇金業者はほとんどみられなくなっています。従来の手口の闇金業者に代わって台頭してきているのはソフト闇金で、彼らはお金の工面に困っている人に対して「これならお金を借りても返済できるかもしれない」と考えさせるような利息を設定して、利用するようすすめてくるのが特徴です。
ソフト闇金業者の多くが設定する利息としてよく挙げられるのは、いわゆる「トイチ」と呼ばれるものです。これは10日で10%の金利がつくという意味です。例えば、100万円をトイチで借りると、10日後には10万円の利息が発生し、利用者は110万円を貸主に返済しなければなりません。これを年利に換算すると利率は365%となり、業として他人に貸し付ける場合の出資法の上限を明らかに超えます。中にはトイチよりさらに低く、年率で50%前後の金利で貸し付けているところもありますが、それでも法律で定められている上限を上回っています。ソフトとつくと文字通りにやわらかくなった印象を与えますが、ソフト闇金も違法に営業している業者であることに変わりはないので、このような所からは絶対にお金を借りないようにしましょう。