ソフト闇金 取り立て 無料相談

ソフト闇金の取り立て被害でお困りの方へ

ソフト闇金の取り立て被害でお困りの方へ。

 

こちらの無料相談窓口で相談しましょう。

 

ソフト闇金の借金問題に詳しい司法書士の電話相談窓口です。

 

問題解決の実績が豊富なので、一度、電話をかけてみてください。

 

ジャパンネット法務事務所 0120-758-685
相談窓口:ジャパンネット法務事務所の闇金相談はこちら
※即対応、即日解決のケースも多いです

 

 

 

ソフト闇金とは?

ソフト闇金とは、闇金の一種ですが、利用者に親身な対応を行う、返済が遅れそうな場合には少しの融通をきかせてくれる、厳しい取り立てや催促が少ないなどの特徴があります。利用者に親身、取り立てがないなどから良心的と錯覚しやすいですが、利息をよく見てみると完全に違法になっていることがほとんどです。具体的には、10日間で利息が20%になっていたり、7日周期で30%の利息になっていることもあります。対応が親身であっても、金利に関しては闇金と同じです。出資法の改正により貸金業者が金利20%を超える貸し付けを行った場合刑事罰の対象となり違法となります。
ソフト闇金であっても返済がされないようであれば、厳しい態度になる場合、家族や職場にまで連絡が及ぶようになることも考えられます。また、横のつながりもあるため、A社に返せないのであれば、B社からお金を借りさせ、そのお金をA社の返済へと充てるようにする場合もあります。
ソフト闇金は、正式な消費者金融や銀行からの借り入れを断られることにより利用する人も少なくありません。短い返済期間と高い金利の代わりに審査が甘いなどの訴求を行います。別の借金を返すためにソフト闇金を使うのであれば、債務整理などを行ったほうが借金を減らすことにつながる場合もあります。

 

 

ソフト闇金の取り立て手口

ソフト闇金の取り立て手口は、基本的に言葉による脅迫です。
現在では暴力的な取り立ててはほとんどなく、言葉で精神的に追い詰めてきます。
よくある闇金の取り立て手口の一つが、電話です。
一日中家に電話をかけて、返済を迫るように脅迫します。
そのため、電話が鳴るだけで怯えてしまい、精神的に耐えられなくなるでしょう。
電話での脅しは、本人に対して返済を迫るだけでなく、勤務先に乗り込むなどと言葉で脅し、さらに追い詰めてくるパターンもあります。
勤務先に闇金の取り立てに遭っていると知られると、多くの人は困るでしょう。
そのため、闇金の手口を真に受けてしまい、返済に応じる人も少なくありません。
しかし、実際には会社に乗り込まれることは少なく、言葉だけの場合も多いのが事実です。
こうした闇金の取り立て手口は、年々ソフト化しています。
ソフト化している理由としては、警察沙汰になると闇金として活動できなくなるからです。
ですから、脅迫もあからさまではなく、犯罪にならない程度の嫌がらせです。
そのため、警察では対応が難しく、取り立てを止めることはできません。
ですが、闇金の取り立て手口は弁護士が間に入ると止めることができるので、専門家に相談してみましょう。

 

 

ソフト闇金の嫌がらせ

ソフト闇金からお金を借りた後に返済を滞らせてしまうと、本人からの回収が難しいと判断され、闇金は滞納者の家族や親族、勤務している会社にまで借金返済を迫る電話による攻撃が始まります。借金をしていることを周囲に知られたくないと考えるのは当然のことで、まして会社の上司や同僚に知られてしまうことは社内での評判を落としてしまうことにもつながります。できることなら周囲への電話はしないでほしいと希望をしても、闇金の嫌がらせのような電話攻撃はやむことはありません。電話での催促にも滞納者が応じないとわかると、自宅や会社へ直接やって来ます。いつやって来るのかわからない昼夜を問わない訪問で、大きな声で怒鳴り散らされることが続けば、滞納者やその家族の心労は積み重なっていきます。さらにエスカレートすると、滞納者の自宅に届くように大量の寿司やピザを注文することもあります。このような行為は当然違法であり、嫌がらせが深刻な場合は弁護士や司法書士といった専門家へ相談することが重要です。自分1人で抱え込んでしまうと、心が疲弊して精神的に病んでしまう可能性も十分に考えられます。そのような事態に陥ってしまう前に、専門家へ相談する必要があります。
ソフト闇金相談所一覧

 

 

これからソフト闇金で借金をしようと思っている方へ。
そろそろ年末年始で何かとお金が必要。
そのお金をソフト闇金から借りようと思っている方は、やめておいたほうがいいでしょう。
どんどん苦しい状況に追い込まれてしまいます。